ご挨拶

 一般社団法人北海道ヘルスケア・ロボット協会は2017年7月、総合ヘルスケア事業の中で、医療用及び介護用ロボットの適正かつ安全な利用を普及、推進し、北海道の地域医療、介護現場の労働負担の軽減、利用者様の日常生活動作の向上、ロボット機能の向上に寄与することを目的に活動を開始いたしました。 先般、医療や介護に関するロボットは、様々な分野において新しい知見や技術との連携の中で、さらなる発展を遂げ、少子高齢社会に伴う人手不足の解消や働く方々の負担軽減及び、利用者様の日常生活の向上などを目的としたロボットの増加が加速してきております。 北海道ヘルスケア・ロボット協会の名称に「ヘルスケア」を加えたのは、人生100歳時代のひとつとして、医療と介護の連続性や融合を目指し、開発する側、提供する側、利用する側と連携し、これからの「地域医療」の新たな可能性を創造し、すべての関係者の方々の活動がロボットを通じて展開し十分なコミュニケーションを取る事が当協会としての大きな目標としています。今後とも、皆様からのご支援やご指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

一般社団法人北海道ヘルスケア・ロボット協会 代表理事 藤原 秀俊
代表理事 藤原 秀俊

協会概要

称号(団体名):
一般社団法人北海道ヘルスケア・ロボット協会
設立年月日:
2017年7月31日
所在地:
〒060-0006 北海道札幌市中央区北6条西16丁目1番地5
電話番号:
011-590-1515
FAX番号:
011-611-2387
事業内容:
  1. 医療用並びに介護用ロボットの普及のために、医療従事者及び介護従事者への技能、専門知識習得のためのセミナー並びに講習会の開催
  2. 医療用及び介護用ロボットの利用者普及のためのセミナー(体験型を含む)、展示会等の実施
  3. 医療用及び介護用ロボットに関する調査及び研究
  4. 医療用及び介護用ロボットに関する広報活動
  5. 医療用及び介護用ロボットに関する意見の表明
  6. その他本協会の目的を達成するために必要な事業
代表者:
  • 代表理事 藤原 秀俊
  • 理事   太田 誠
  • 理事   眞鍋 雅昭
  • 監事   佐藤 克幸


ページトップスクロール